コメントは受け付けていません。

日本銀行は中央銀行

12月
31

最近景気の話となると必ず出てくる言葉があります。その言葉は「日本銀行」です。日本の景気が悪いのは日本銀行の政策が不十分だからだとか政治家が言ったりしますが、そもそも日本銀行の役割はどのようなものなのでしょうか。

日本銀行は中央銀行として銀行券を発行して、通貨を調節することによって物価の安定を図る目的があります。通貨や銀行券の発行だけではなく、日本国内の経済の成長を監視したり、国内のお金の流れを調節することも行っています。特に国内の金融機関同士の円滑な決済の安定性を確保することで、国内の金融機関の信用を保護することも行っている。

つまり日本銀行は金融政策を運営しつつ「銀行の銀行」としての機能を発揮することで、日本国内のお金の流れ(=決済制度)の安定のために大事な機能を有しているのです。国内の金融機関が安定していれば、各種金融商品を通じて一般庶民にも経済的な恩恵を与えてくれることにもつながるので、日本銀行の経営はさまざまな部分で私たちの生活にも大きく影響を及ぼしているのです。

特に日本銀行では最近景気対策のためにさまざまな規制を緩和するなどの大胆な政策が求められている時期でもあります。もちろん金融政策にはどんな行為であってもメリットとデメリットがあるので、それらの状況を理解しながら経済を運営することが求められている時代でもあるのです。みなさんもこの機会に日本銀行の役割と政策について学んでみてはいかがでしょうか。

日本銀行の役割と政策


最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報